二重整形の申し込み【簡単に利用内容を確認しよう】

術式の選び方をチェック

顔を触る人

二重整形には手術方法が2つある

二重整形をする場合は、「埋没法」と「切開法」という2つの手術方法のどちらかを選択する形となります。まぶたによって埋没法が出来ない場合もありますので、医師と相談して決定します。埋没法とは、極めて細い医療用の糸をまぶたに数箇所埋め込み二重のラインを作る方法です。アイテープのような感覚なので比較的気軽に受けることが出来ます。医療用の糸は美容外科によって使用するものが異なっていることがあり、二重整形により特化した極細の医療用縫合糸を使っている美容外科がおすすめです。なぜなら、通常使われる糸よりも二重が取れにくく持続性を持つからです。埋没法にはいくつもの術式があり、術式によって二重の持続性やダウンタイムの長さ、費用が変わってきます。埋没法は針を刺した跡のような傷跡が出来る程度なので、周囲にもほとんどばれない二重整形手術です。しかも手術時間は早い場合で10分、時間がかかっても15分という短さなので負担はほとんどありません。通院の必要もなく抜糸もしないので、その気軽さゆえ埋没法を選ぶ人は多いです。埋没法は若い世代でも多くの人が受けている二重整形手術です。費用は一般的に5?10万円が相場ですが、術式により20万円程度になることもあります。もう一方の切開法ですが、こちらはメスを使ってまぶたを切開します。切った部分を二重のラインとして作るため強固なラインにすることが可能です。埋没法と違ってメスを入れるため手術後は多少腫れ、ダウンタイムも1週間ほどになります。切開法は受けにくい二重整形手術と思われがちですが、半永久的に二重のラインが取れませんので選ぶ人は多いです。メスを使うとしても手術時間は60分程度なので、それほど大掛かりな手術ではありません。傷跡はメスを入れたラインにそって出来ますが、そのラインが二重のラインとなるのでわかりにくいです。費用は美容外科によって異なりますがおよそ20万円ほどが相場です。埋没法では上手くいかなかった人や同時にまぶたの脂肪も除去したい人には切開法が向いていると言えます。それぞれの特徴を知った上で、自分の目や骨格に合う手術方法を医師と選ぶことが大切です。